SkyBlog

iOS、Windows、ガジェットなどについて書くテック系ブログ

oneSafeから移行したい...

f:id:sora44036:20180815125001p:plain

サブスクリプションは大嫌い

iOSアプリ漁りを中学2年生のころから始め、無料アプリを探すのが趣味だった。しかし無料アプリなんてそんな都合のいいものはほんとにまれだった。それに加えて自分の好みのUIの基準が高すぎて、なかなか見つからない。人気のアプリ(Evernote、Office365、Adobe Creative Cloudなど)はサブスクリプション制なので、お金のなかった僕は、フリープランで我慢するしかなかった。1Passwordもその中の一つ。なんか課金しろっていう表示が鬱陶しくて、何とかしたいと考えていた。

oneSafeと出会う

1Passwordは嫌気がさし、削除した。そこから1年ほどはパスワード管理アプリを使わず、iOS標準のパスワード管理ツールで凌いでいた。

f:id:sora44036:20180815115044j:plain

Appleバイス間ではこれで十分だろう。しかし自動入力がされたり、されなかったりで僕としてはあまり好きではない。そのような生活は半年ほど続いた。ある日iOS11からAppStoreが一新され、Todayタブが追加された。それを毎日確認するのが日課なのだが、そこでパスワード管理アプリの特集があった。その中にoneSafeがあり、なぜか僕は「君に決めた」のだ(笑)。その中で唯一買い切りだったのか、それとも何かほかに理由があったのかもしれないが、oneSafeを買ってしまった。

oneSafeの使い勝手

1Passwordは完全日本語ではなく、ところどころ英語表記でイライラしたのだが、oneSafeは完全日本語だったので、第1印象はよかった。UIも自分好みで気に入っていた。

f:id:sora44036:20180815123647p:plain

なかでも不正侵入レポートという機能はすごい。アプリ起動時にパスワード入力(Touch ID)を求められるのだが、それに何度か失敗すると、間違えるごとにインカメラで顔を撮影されるのだ。これで誰が開こうとしたのかわかるので便利だ。

f:id:sora44036:20180815123653j:plain

それでも移行したい訳

アプリの使い勝手、UIなど悪くはないのだが、このoneSafeの最大のデメリットだと思うのは、Windows版がないところだ。ネットの各種アカウントはパソコンでもログインするし、iOS端末でもログインする。やはりパソコンでも保存したパスワードが見れるようにしたい。しかしoneSafeはWindowsパソコンで使えないのだ。そして僕は心に決めた、1Passwordに戻ろうと。

 

昨日はプライベートで忙しく記事が書けませんでした…申し訳ないです。明日も頑張ります!